2011年08月14日

ブルー系ウガンの皆様

ちょっと前に掲載したブルーのウガン(♂)。

その後あっさり落ちてしまいました。


んで同腹の他の個体はどうだったかというと。

<メス>

aug14 11 (11).JPG aug14 11 (4).JPG

aug14 11 (5).JPG aug14 11 (7).JPG

<オス>

aug14 11 (8).JPG aug14 11 (10).JPG

aug14 11 (12).JPG aug14 11 (13).JPG

腹側は皆さん普通。

aug14 11 (9).JPG

ブルーっぽいのは最初の一匹だけ、という結果になりました。


数年前、飼育の最初のころの個体と比べると、

いかにも「混ざってます」的な上翅のオスばっかりですけど、

緑と茶色からどうやって青が出るか、ってのは、

なんとなく見えそうな色彩配分だと思います。


現在中プラケに性別ごとに分けて飼ってますが、

うるさいったらない。



◎おまけ

金曜の夜に仕込んだブツは、

昨日の昼食になりました。

aug14 11 (17).JPG

なんかワイルドっつ〜か、盛り付けが雑。

せめてもう少しきれいに切るべきですね。

「ラーメンなら熱いのがいい」という長男のリクエストで熱々にしましたが、

売れ行きはいま一つでした。

posted by おくへー at 17:08| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

ウガさんのブルー

ウガンの繭が20個ほどあります。

ぽつぽつ羽化中。

真夏だと落ちちゃうのが結構居て、

そろそろ気温的には羽化のタイミングとして

ギリギリだと思います。


室温29℃になったら17時までヌルい冷房が入る、

という勤務先の節電便乗的勤務環境も結構ぎりぎりです。


それはさておき、

2年前くらいだったかに頂いたブルーの血が入った子から

ほぼ全身ブルーの雄が羽化しました。

july11 2011 (2).JPG

ちょっと不全だしフ節欠けてるし小型です。

んが、濃緑でも黒でもなく、確かにブルー。

完品ならそれなにり見応えのありそうな色。


どうすっかなこれ、増やそうかしら。


こういうのに限って生殖能力ないような気がします。

posted by おくへー at 22:15| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

暮れましたね


お世話になった皆様、

ご縁のあった皆様、

ありがとうございました。

来年も宜しく願いします。




さて、本年最後の画像。

dec31 10f 001.jpg


セミ化した〇ガンの幼虫です。

兄弟は夏に羽化して産卵して、

子供が既に3令になってますが、

アダルトチルドレンでいたい模様。

このままずんずん成長して枕とかソファーサイズになれば面白いのに。



「へ」
dec31 10 004へ.jpg


「く」
dec31 10 004く.jpg


「し」
dec31 10 004し.jpg


良いお年をお迎えください。
posted by おくへー at 21:54| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

回復

期待心配頂いた方、ありがとうございます。

ワクワクハァハァしながら金・土と寝てましたら、

ちっ無事回復しました。

なんだよもういや良かった良かった。



風邪で休むこと自体がかなり珍しいので、

割としんどい状態ではあったのですが、

熱がそれほど上がいませんでした。



元気になれば寝てるの勿体ないということで、

今年最初のオオの割出し。

may31 09 (4).JPG

M田ごぉるど 13頭。

丁度いい数産んでたので一安心。

残りはまた今度。


アンテ 8頭。

ウガン 12卵。


なんかどれもこれも丁度いい数。


菌ビンにかなりキノコ出てたのは予想外でしたが。



特に野望も秘策も怨念もコンプレックスも無く、

えぇ子に育てよ〜という脱力飼育の歯車が、

また一段回ります。
posted by おくへー at 21:28| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

小さな子

タラの芽のハカマの中には、決まって小さな甲虫が棲んでます。

apr20.09 (3).JPG

正体不明な画像ですが、体長5ミリほど。


別にこいつらが悪いんじゃないんですが、

ホソルリあたりが入ってれば山菜採りの魅力倍増かと。。。



今日はコレしか甲虫見なかったなぁ〜とか思ってたら、

カミさんより「ベットの下に何かいた」との叱責が。


ウ○ンのメスでした。


オスが1頭だけ2月に羽化したっきりで、

残りはどうしたんだろうと思ってましたが、

自力でハッチアウトして脱走した模様。


待ちくたびれてるオスと週末にでも同居させることにします。

posted by おくへー at 22:08| 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

同郷のよしみ

えとちょっと困ったことが。。。

Feb14 004.jpg

「こんにちは、最近よくここの餌場でお会いしますね」

「あ、どうも。 毎日寒くて嫌になりますよね。」

「ほんとに。早く真夏が来ればいいのに。」


なんつ〜会話があったとも思えませんが、


バレンタインだからなのか、



オーベル♀がタランドス♂を口説いてました。

Feb14 005.jpg

異種なことに加えてメスが上になってっるってのは、

いくらアフリカ大陸原産同士とはいえ、

ちょっと その、




羽化10ヶ月の初老タランドスには、
はーどぷれいぢゃないかと。。。。。


posted by おくへー at 22:35| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

脱走

会社から帰宅するとアンテマットが届いてました。
今度の日曜着で頼んどいたんですが。。。。。まっいいか。

カブト用マットが1ケース日曜に届く予定なので、これで年内はマットは買わなくても済みます。

シカクワ他の産卵用にランボクも購入したいのですが、いつも買ってる高橋農園さんでは品切れの模様。
かなり以前にビダで購入した某社の産卵木がダメダメだったので、初めてのトコから買うのはちょっと気が引けてます。

ところで、シカクワってカワラ材にも産むんでしょうか?
経験者の方いらしたら教えてください。



なんてコトをカキコしながらふと後ろを見ると、こんなのが床の上にひっくり返ってました。

1130ugan 002.jpg 1130ugan 001.jpg

いやぁ危ない。カミさんより先に見つけられて良かった。

ドコのケースから脱走したのかわからないんですが、まワイルドでなきゃウチの子でしょう、きっと。

先日オスの羽化は確認済みですが、このオスと、もう1頭別のオスもぼちぼち活動開始した模様。

前胸黒、上翅茶系に白斑&白い縁どり、という発色に固定されつつあるようです。

ふ や そ っ と♪
posted by おくへー at 22:31| 広島 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

割ってみた


♀2頭が先に羽化してから動きのなかったウガンの土繭。
がまんできなくなったので少し割ってみました。

ugan male.jpg

ちょっとピンボケですみません。
でもちゃんと羽化してたので満足。
色もくっきり綺麗、と。

年内にはブリードできますね。

も少し待っててね、お姉さま方。

ugan 01.jpg
posted by おくへー at 22:14| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

帝国の末裔

ゼリー交換の後はちょっとだけ割り出し。
トトロさんから頂いたインカツノコガネ。
7月お終いにセットしてました。
もう少し正直に言うと、羽化して間もない後食前のペア産卵セットに入れて忘れてました。

結果、幼虫8頭。

びみょ〜〜

失敗でも成功でもない。
ひょっとして失敗なのか、コレ。

産卵の適齢期過ぎてる感じなので、もう産まないでしょう。
つーことでこちらもテラリウムでノンビリ過ごしてもらうことに。

累代は何とかできそう、かな。

0902inka.jpg

アフリカ系の大型カナブンほど活動的ではないし、
難易度の高い一部のカナブンみたいにぐんにゃりした感じでもない。
どちらかというと国産カナブンに近い感じです。

インディオも元々モンゴロイドなので、案外南米って身近なのかも、と脈絡なく感じた次第でした。

posted by おくへー at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

新入り〜♪

昨夜はトトロさんと平和島で飲んでました。トトロさんの予定が明かず、むし社でも行ってくるかなぁ、と思ってたところだったのですが(○島さんすみません、また今度行きます)、急遽開催決定。

テクさんも来るかも、ということになってはいたのですが、働きすぎで体調悪いらしく、欠席(ちゃんと病院いってよ〜)。

結局おぢさん二人でのんびり話してきました。

飲み始めて早々
「どうしても貰ってほしいものがあるんですが。。。」
「え、何ですか?」
インカツノ」「初めてのブンブンだったんですけど、だめです。触りたくない。」

ということで新入りが増えました。

7020it2.jpg 0720it.jpg

シロヘリと同じくらいのサイズ。アフリカ系ブンブンに比べると大人しそう。(あんまし)臭くない。ツノの間のひげがキュート。

もともとはモ♪さんが産ませた仔らしいです。

どんな幼虫だか見てみたいので、ちょっとだけ気合入れてブリードします。

仕返しお返しはギラファのメスということで、ひとつ、宜しく。




posted by おくへー at 23:12| Comment(6) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

大茶色リターンズ

4月に活動開始。
5月6日にオスメスの区別がつかないまま4頭をアンテマット@中プラケにセットして軒下に放置してたオオチャイロカナブン。

ふと見たらケース側面に幼虫が♪

芋虫の姿を見たいという理由だけでひっくり返す。

ざっと見て20頭くらい?
この前の日曜は幼虫確認できなかったんですが、なんだか一気に"湧き出た"感じ。

0706-6.jpg

うんうん、いもむしだ。
このズンドウ体型がそそります。
いやぁ、イモはこうでないと。

0706-17.jpg

「オスは標本になった後でも強い麝香臭を放ち...」とか何とかどっかに書いてありましたが、成虫は既に朽ち果ててぼろぼろ。

成虫期間は3ヶ月ほど。

はかないです。
でも幼虫採れて良かった。

そういえば最近どなたかブンブン教の信者になりたい、と言ってた方がいましたよね?

よね?

ね?
posted by おくへー at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

放課後

ちょっと前にココに、作成に失敗した餌皿どなたか要りませんか、と書いたら5名の方から応募がありました。

失敗作だけ送りつけるのもアレですので追加でちまちま作成してました。
最後の仕上げして用意した箱に詰める。
一杯になったら次の箱。
次の箱。
数が足りなくなったので少し新たに作成。
宅急便の営業所へ持ち込んで終了、と。

これで気になってた事のひとつは片付きました。
もひとつ気になってたのが、カナブンのマット交換。

0617nchi.jpg

食事中の方、ごめんなさい。これをおかずに
いやぁ、見事なフンの山。
ふるいにかける必要なし。
上半分くらいをザザーッと花壇に捨てて、新しいマット追加。
ポリフェムスとウガンが中心ですが、順調に育っています。
グラシロとエレゾウのマットも交換したかったのですが、マット切れ。
本日のマット使用量60Lほど。
また注文しないと。

作業の合間に他の個体もちらちらチェックしてたところ、脱走事件が発覚。
屋外に置いてたヘラへラオスが1頭、行方不明。
コバシャの端が少し欠けていたので、蓋が開きやすくなっていた模様。
即座にコバシャは廃棄決定、あちこち探すも見つからず。


申し訳ありません、放虫してしまいました。。。。
posted by おくへー at 23:38| Comment(8) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

どこかのウガン

子供と一日遊んでへろへろで帰宅したら、
温室置いてる長男の部屋でウガンが散歩してました。

ま、これはよくある話。

ただ疑問がひとつ。

どのケースから脱走したのかわかりません。
思い当たるフシがない。
ざっと見たトコ、フタが開いてるケースもない。

っかしぃなぁ。
温室の奥の方で忘れてたのか。
自然発生?

一回大掃除しないといけませんね。再来週辺り。

えーと先日作成ミスした餌皿欲しいとカキコして頂いた皆様。
今週はこんな感じでしたし、次の週末は土日とも出張が入ってしまいました。

すみません、気を長〜くしてお待ちくださいませ。


posted by おくへー at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

大茶色

広島産のオオチャイロハナムグリF2が全て羽化。活動を開始してたので中プラケへセット。国産なので奇を衒わずアンテマットと飼育に使ってたマットを混ぜてふわっと。そこへ4頭投入。

0506oocyairo.jpg


昨年9月に購入したときは、まだ3令にはなってなかったと思うので、結構幼虫期間短いです、でもサイズはちっちゃい。
次世代は冬季室温飼育してみます。

1頭だけ2月に活動開始した個体がいて、こいつは麝香の香りぷんぷんのオスでした。
外見からは全くオスメス区別が付かないのですが、この匂いがあればオスはすぐに判るぜぃ、と思ってたあちきがバカでした。


微妙。


わかんね。


手のひらに乗っけたムシの匂い必死で嗅いでるちゅーねんおとこ。

麝香の匂いがするような、単にカナブン臭いような。

ぜ ん ぶオス、とかいった意地悪をしないで下さい、神様。
posted by おくへー at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

春にうかれて。。。

今夜の夕食の一皿は新鮮なアスパラガス。
太目のやつをバターでじっとり炒めて、仕上げにお醤油ジャー。
日本人の胃袋を直撃する香り!

ん〜ビールに合う。

5月になって急激にビール消費量が増えております。

暖かくなったせいか、男所帯のカナブンも本来のレゾンデートルを思い出した模様。

05031.jpg 05032.jpg

えーとお客様、一家団欒の食卓の横でそういった行為はご遠慮。。。子供への説明が困るという面も。。。







05033.jpg

聞いてますかぁ、お客さまぁぁぁ。
posted by おくへー at 21:26| Comment(9) | TrackBack(1) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

オオチャイロ羽化

オオチャイロハナムグリ(広島産F2)、3頭の羽化を確認。
2月中旬に1頭が活動を開始しており、他のはどなったかなぁ、とちょっと発掘してみた。

あと2頭いたはずだが時間の都合により未発掘。
ま3頭いればブリードは大丈夫か?
んが、オスメスの区別がわからない
オスは成熟すると匂って来るはずなので、そのうちくんくんしてみよう。

1頭既にくんくんしてる個体がいて、非常にいい匂いがする。
臭いじゃないっすよ、匂い、または香りです。
こいつはぜひとも爆産させてあのヒトとあの方には強制的に送り付けねば。

オオチャイロApr06.jpg IMG_1422.jpg

幼虫で購入したので飼育のノウハウは不明。
昆虫フィールドだかに記事あったはずなので勉強しておかねば。
ま、国産だし何とかなるだろうと。。。。
posted by おくへー at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブンブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。