2010年09月11日

飼育メモ


暑さは相変わらずながら、

やることはやっとかないとって事で。

フォルスターフタマタ、3つセット。

セットといっても、産卵用ケースに入れてまぁ、冬まで放置。


んで次。


そろそろアンテをペアリングして〜

と思ったら、

種親用のメスが全部落ちてました。


おっかしぃなぁ。

おかしい、うん。

ゼリー替えるとたちまちひっかきまわすので

何か暴れるなぁとは思ってたんですが。


たぶん8年くらい細々と飼育してましたが、

これにて終了。

posted by おくへー at 22:15| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

自然繁殖

なんか温室ん中でカリカリ音がすると思ってたら、

ゴロファのミヌトゥスが羽化してプリカの中徘徊してました。

feb13 10.JPG

メスですよね、多分。

外翅が茶系のクワカブって、かなり好きなんです。


小プラケにマット1/3くらい入れてペアで飼ってたら

いつの間にか幼虫がいて、

マット無交換で落ちることもなく羽化まで持ってこれました。


ゴロファ系は ひ弱といういめーじがあったんですが、

ひょっとしてコレ、亜熱帯地域に持ち込むと

外来生物で大繁殖するんじゃないかと思。


posted by おくへー at 21:48| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

さぁ皆さんっ!

庭にライラック植えましょうぅぅぅ!
posted by おくへー at 22:37| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

自然微発酵開始

例年5月の連休中には温室から常温飼育への民族大移動やってたように思うんですが、

今年はまだソコまで気温が上がってません。


日中はともかく朝晩の気温が低い?

降砂がまだ続いてるせいで暑さが長続きしない?

とか思ってたら産卵セット組んでるエレ蔵のケースがもわっと温かい状態になってました。


慌てて2階の廊下のすみっこの端っこに移動。


ちょっと最低気温が足りない気はしますが、

しばらく様子見てみます。



明日は東京出張but日帰り。


最近泊まりが少ないっす。


IMG_6292.JPG
posted by おくへー at 22:37| 広島 | Comment(4) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

たまには真面目に

本日の広島県北部、
曇り時々快晴または吹雪、夕方振り返ってみれば終日北風の突風、
という妙な天気。

外に出てど〜のこ〜のする天気じゃなかったので、
午後珍しくきっちっりガタ事しておりました。

ポリが蛹化。

ウガンはそろそろ3令になる個体あり。

オオクワ1頭のみ菌糸ビン交換。

ゾウカブトがそろそろだったので全てひっくり返す。

♂は3頭。

Feb16 004.jpg

温室がにぎやかになりました。

Feb16 017.jpg

♀は、
えーと7頭。。。。。

Feb16 005.jpg

先に羽化した1♂2♀がいるので、
全部で4♂9♀。

毎度の事ながら、ゾウカブトはメスへの偏りがすごいっす。

国産カブト並に飼育は容易なんですけど、
よほど生息環境が苛酷なんですかねぇ。

ヘラヘラの♀が4頭いるので、
カブトはほとんど女子高状態。

1♂6♀位でゾウカブト産卵させたい方いらしたら、
ご連絡お待ちしてます。


バレンタインにチョコ貰えなかったそこのあなた、
いい娘いますよ〜。


んでヘラヘラ。

ゾウカブトと同じくらいの幼虫がいた筈、
だったんですが昨年夏の猛暑に大半落ちてしまい、
オスは多分これが最初で最後の1頭。

も○☆さんから頂いた人工蛹室が活躍してます。

Feb16 002.jpg

メスは昨年9月に羽化済み。

性別未確認の多分♀、の蛹があと2つ。

何とか累代できる、かな。



はっ!と気付いたら夕方。

なんだか後ろめたかったので、
奥様が仕事から帰る前にオカズの一品でフレンチフライ作製。

子供の味見攻撃で歩留まり悪し。

Feb16 014.jpg

明日も吹雪いてるんだろうなぁ。
posted by おくへー at 21:48| 広島 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

初割

初売りじゃありません、念のため。

元旦は大雪で温室開ける雰囲気じゃなかったんですが、
今日は快晴、風もなしということで、
本年最初となるディディエールシカの割出しを実施。

一昨年の秋羽化した個体を
昨年の春から同居させて、
秋まで何度かランボク換えて、
幼虫の成長が遅いので、
年が明けてから割出そうと思ってたんです。

jan05 005.jpg

いやぁ割った割った。

はぁ、幼虫?
細かいこと気にしちゃダメです。


ついでに他の個体もチェックしたところ、
エレ蔵が羽化してました。

jan05 003.jpg

オスはちょっと羽にシワがよってしまいましたが、
まぁ良し。



産毛マニアの方には堪らないメスの画像。

jan05 007.jpg

頬擦りしたと思ったソコの方、
1回300円でいかがですか。
ちょっと人生見つめなおして下さい。



一通りチェックして、
次は水槽。

ウィローモスが寝癖つけまくったアフロヘアみたく茂ってたので
ばぁぁぁぁぁっさりカット。

自己満足ですがすっきりしました。

jan05 010.jpg

中途半端と言われればそれまでですが、
マイペースでガタもオミズも続けていこうと思います。

posted by おくへー at 22:28| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

いちおう記念に。。。。

以前オフ会で頂いたのが羽化してました。

June17.07 001.jpg

あまりおおっぴらに喜んでると叱られそうですが・゚・(つД`)・゚・。

せっかく羽化したんだし、ウチでは初物だし、
記念に一枚。

赤みが予想以上に強くてツヤツヤしてました。




テラリウムに早速引っ越して貰いました。



posted by おくへー at 17:59| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

想定外のフリータイム

今日は長男の野球の試合に一日付き添い、の筈が生憎の雨天により試合延期。
いや残念♪ 息子の活躍するとこ見たかったのに♪

子供が楽しみにしてた試合が延期になったのに♪何ぞつけて不謹慎な、と思われるかもしれませんが、ちょっと本音入ってます。

息子がリトルリーグに入ったの契機にクワガタやめちゃった方がいる、という話を聞いたことがありますが、ウチの子の学校、小規模校なこともあって、PTAのサポートがないとクラブが運営できません。
シーズン中は隔週くらいで対抗戦、練習試合、何とか杯にかんとか選手権。
田舎ゆえ試合場までの車での送迎はPTAの仕事ですが、突然練習試合とかが入って「えーと明後日の土曜日、送迎お願いできますか? 学校朝7時集合で。解散時刻は成り行きで。」とかいう要請に応えられる親の数は限られてるらしく、真面目に全部対応しようとすると、週末の予定がなかなか決められません。

来年は次男が中学で、これが2倍になったりすると、ちょっとストレス溜まるかもです。

応援してっからちったぁイイトコみせろよ。 >息子たちへ



といった次第で今日は予想以上にガタ仕事がはかどりました。
最初はオオクワの菌糸ビン交換10本ほど。
2回目の交換なので体重ピークになる筈ですが。。。。いまひとつ。いや、いまみっつくらい。

私が飼ってる国産オオクワは全て友人からの頂き物なんですが、飼育年数が長くなるほど大きな個体が出るような気がしてます。
次第に飼育環境に適応してくるんでしょうか。
なんでこんな事考えたかというと、今年初めてブリした系統がちっとも太ってくれないからっす。
PCのバッテリー交換で火だるまになってる企業のPCと同じ名前の菌糸ビンをはじめて使ってみた個体が主でしたが、メスの幼虫は割と大きくなるかも。
メスはね。
キノコの生え方は、月夜のさんとこと同じくらいでした。
そこそこ生えるってことです。

オオクワの次はトカラ。
メスがぽつぽつ羽化してるので、多分最後の交換となる筈です。
最大個体の体重が14g。
ちょっと軽い。
18gくらいあればトキメイていいんでしょうか。 >もも☆師匠
手遅れと思いながらも一縷の欲、で数個体マットから菌糸飼育へ切替え。
アンテマットとくわまっと使ってましたが、アンテマはやはりミミズが湧いてました。
今回はくわマットのみ使用。

お次がエレ蔵のマット交換。
オスの体重が90〜120gになりました。
もう少しかんばってクレ。
ここからが長いんですけどね。

続いてヘラヘラとぐらシロ。
ヘラヘラは3令になったばかり、15〜25g。
グラシロは昨年のこの頃に産卵セット組んだ個体の子。
いい加減黄色いのに国産カブトより小さい(30g前後)のが涙をそそります。
来年はグラシロがDynastesで唯一羽化予定の種なんですけど、地味なテラリウムになりそうです。

普段はカブト用マットはエトラン使ってますが、今回は産んでくれなかったネプの産卵セットに使ったマットが衣装ケース2個分余ってたのでそちらと菌糸カスのミックスを使用。
次は新鮮な餌あげるからちょっとの間これで我慢してくり。

カブトのフンは花壇に撒いてますが、ゾウカブト飼ってると土が見えなくなるくらいのフンが出ます。
肥料分に偏りがあるらしく、葉っぱは見事に大きくなりますが、花があまり咲きません。

あとはその他の個体の確認。

ヘラヘラの幼虫が孵化してました。
まだお尻の下に卵の殻がついてます。

1111dhh 002.jpg

メスはずいぶん前に羽化してるのに、ウガンのオスが一向に羽化してません。
羽化ズレ起こさない種なのでちょっと黒い胸騒ぎが。。。。

最後にのんびり餌皿作っておしまい。
明日発送しますからね〜 >□□○○○さんと△○△○さん

寒気がようやく強まってきたようで、今日も寒かったです。
例年並みの気温なんでしょうけど、ずっと屋外で作業してたら、のどが痛くなりつつあります。

季節の変わり目。皆様体調管理にはご注意のほど。



posted by おくへー at 23:34| 広島 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

遅れてきた奴


出張だのオフ会だのとばたばたしてる間に、ひっそりゴホンヅノが活動開始してました。
しまったこれオフ会の余品にすればよかった。
兄弟はそろそろ落ち始めてるんですが、気温低かったので目覚めが遅かったのかもしれません。

テラリウムの一番高いトコにある餌場はヘラヘラが居ついちゃってるせいか、水槽の周囲をぐるぐる回ってます。
餌が欲しいのかと思い、進行方向にゼリー置いてみましたがムシ。

そっかメス探してるのか。

ゴメン君はちょっと活動始めるのが遅かったんだよ。

ワイルドにせよ、ブリードものにせよ、ずいぶんと活動期間の短いカブトですが、いい虫だと思います。

1026five 002.jpg 1026five 009.jpg


長角さえ容易に出ればね。
posted by おくへー at 23:07| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

秋が来て

真冬に羽化してたゴホンツノミジカブトがようやく活動を開始しました。
現地だとどうなんだかわかりませんが、我が家のブリードだと活動期間が国産カブト以上に短いです。
決まって10月頃から活動を開始するのは故郷の夏が暑すぎるせいでしょうか。
2〜3週間後食すると短すぎる成虫期間を終えます。
しかも短角ばっかり羽化して、ワイルドの造形美は見る影もありません。
ワイルド並みの長角がバンバン羽化して、しかもヘラクレス並の寿命があれば、コレ中心で飼ってもいいと思ってるんですが。。。

0924 002.jpg

0924 004.jpg

こういう種類のブリード極めるのが本物のクワ馬鹿、のような気がしますが、根性ナシなのでこれにて累代終了の予定です。



あ、これからブリードしたい方がいたら是非試してみてくらはい。
いいムシですよ。

posted by おくへー at 21:51| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

疑惑の幼虫

夕方から雨に本腰が入りまして、たたきつけるような雨音が時折聞こえています。
遠くで雷も鳴ってるらしく、空がぱぁぁぁって明るくなった瞬間だけ雨の軌跡が照らされてて。

いいですねぇ、こういう天気。

子供のときから大雪とか大雨とか雷雨とか風台風とか遠足とかという単語を聞くとコーフンする性質でして、どうにもわくわくします。

既に家の周囲すべて水溜り状態でして、コーフンする前に窓の戸締り確認しろ、という天の声が聞こえてきそうですが、やっぱりドキドキします。

一晩中雷と雨の音聞いてるおじさんてのは、やはりちょとアレでしょうかねぇ。


閑話休題

今朝はそれほど雨がひどくなかったので、今のうちにということでばたばたとガタの世話してました。

オオクワは3セット組んでて1セットのみ割り出し。
幼虫1ダースほど回収。
卵もいくつかあったので、残る2セットの割り出しは月末に延期。

アンテも卵がいくつか見えてるので、累代停止は多分免れそうです。

ポリフェムスはまだちょっと餌交換には早い。
ウガンはあっという間にフンの海になってたので蛹化前の再度のマット交換。

トカラ、ニジ、シカクワ、ネブト、アスタコもマット交換。
シカはやはり交換の度に落ちてる幼虫が居ます。あと何頭残ってるんだか。
ネブトとアスタコはトトロさんからの頂き物ですが、前蛹になりつつある様子だったので途中で交換中止。

オオチャイロのマットもいつの間にかふんだらけでしたので全交換。
なんか交換するたびに幼虫増えてる気がします。
誰かいりませんか?
オスは麝香の香りがしますよ。
外見は著しく地味ですけど。

最後にエレファスゾウカブトのマット交換。
何故かトカラとこいつらのマットにはミミズが大量発生してます。
ビダに一部出してるのでマット全て交換しとかないとまずいな、と思い作業してましたら、1頭だけ明らかに他とは違う幼虫が。

IMG_3089.jpg

オオクワの材割で出た材マットに混ぜて食わせてますが、オオクワじゃ無い。

見た目は国産カブトにしか見えません。
サイズ的にも国産カブト。

でも混じる理由がない。
しかも1頭だけなんて。

ん〜〜〜〜〜

見なかったことにしてゾウカブトのケースに戻しました。

ひょっとすると狼少年みたくゾウカブトに育てられて気の優しい特大国産カブトになるかもしれません。

おっかしいなぁ。


posted by おくへー at 21:58| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

安息日(3)


さ、中休みの後は更にデブ専へ向かいましょう。

0623ele.jpg

エレファスゾウカブト。
手元に残ってる幼虫は3ダースほど。
リストラ対象になってるので多分これが最後のマット交換。
成長にはかなりばらつきがあり、初令末期から3令初期までイロイロ。
3令初期(画像左側)は頭でっかちでアンバランスな体型。
でもこういうのがお好きな方には堪らない光景でしょう。

0623ele2.jpg

我が家にある最大サイズの飼育ケース(75cm×40cm)にマット20Lざざぁぁぁと
入れて集団飼育。
秋になって涼しくなったらオークションに出します。

いやすっきりした。
幼虫ばっかり眺めてた一日。
楽しかった。
やっぱり私は幼虫マニアだと実感しました。
posted by おくへー at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

夏の気配

連休が明けたら梅雨目前、といった暑さになりましたね。
我が家の温室は2階にあるのですが、西向きのため、夕方になると急に気温が上がります。
昨日.今日とも帰宅時の気温は26℃超。
ちょっとやばい温度です。

クワ友さんには部屋丸ごと冷暖房という手を使ってらっしゃる方も多いのですが、ウチでは無理。
もー絶対に無理。
無理なものは 無 理 。

連休中に一部個体を涼しいトコへ引越しさせたのですが、今度の休みあたり全員引越しさせた方がいいかなぁ。。。と思案中。

暑さのせいで、先日割り出したエレ蔵の卵が続々孵化。
ティッシュ孵化ならぬ、固めマット上放置プレイ孵化させてますが、今のとこ順調。

IMG_2201.jpg IMG_2203.jpg

でっかくなれよぉぉぉ。

写真ボケてます。
拡大しないで下さい。
posted by おくへー at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

エレ蔵最終割出(M.e.e.)

細切れですみません、ある程度種類毎に分割しとかないと、後でとっても検索しにくいことに気付きました。

3月5に1回目の割り出しを行ったエレファスゾウカブトの2回目の割出。メスはすでに☆になってますので最後の割出です。後食開始後おーざっぱに3週目あたり(1/28)でセット、5週間後(3/5)に1回目の割出で初令1・卵25個、孵化率8割ほど。それから2ヶ月放置してました。
結果は幼虫20、卵が12個。トータルで70ほど産んだことになります。1辺30cmほどの、小さめの容器を使ったので上々の成績、でしょう。

ただ相変わらずミミズがうじゃうじゃ湧いてます。
某有名マットを産卵用に使うと(怖いので製品名は内緒)ミミズがにょろにょろ、というのが最近当たり前になってまして、なにブリードしてんだか訳判らなくなることがあるんですが、クワ友さんの家ではそういった経験はないらしい。


きっとウチはミミズの胞子がいっぱい飛んでるんだね、うん。

1頭が2年間の幼虫期間で30Lマット消費すると、、、、といったことを素早く計算してしまったのでミミズの里親募集します。お一人様10頭からまで。
メキシコ、カテマコ産CBF2。
posted by おくへー at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

アトラス@ホームセンター

近所のホームセンターに行ったら、ムシコーナーが拡大してました。
えさ(カブトor鈴虫)やらちょっと細すぎる産卵木とかマットとかがわんさか。

生体は○ジコン(だったかな)のアトラスオオカブトのみ。
去年は国産カブトとノコだった様な気が。。。。
小型のオスが¥1680也。
売れるのか? この田舎町で売れるのか?

小型の割にスタイルというかバランスが普通だったので産地で養殖してるのかもと勝手に想像。
繁殖ものだとして、ブリーダーからの出荷価格はせいぜい1頭¥300くらいでしょうから、どの程度割に合う商売なのかわかりませんけど、日本の子供の喜ぶ顔想像しながら繁殖させてくれてるとうれしいなぁ。

おじさんが購入するケースが多いと知ったらショックで寝込んでしまうかもしれませんね。

posted by おくへー at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

MEE

来るガタあれば去るガタあり。
エレファスゾウカブトのオスが落ちた。
(メスは産卵セットに入れたままでどうなってるか未確認)

スペースの都合上、多分もうブリードしないと思うので、
こっちもデータの転記。
2003年11月から12月羽化の個体をビッダーズで落札。
メキシコ、カテマコ産(CB)F1。
04年12月にはオスの体重が100gを超過。
ひたすらイモ虫が好きな方にはたまらない属。
05年8月末から11月にかけて羽化(こいつらもいい加減長い、飽きる)。
最後に羽化したペアを使って12月頃(ここから先は手元にラベルがないので大雑把)からブリード。後食後1ヶ月も待ってない、多分。
幼虫採れすぎると困るので衣装ケースの1/3サイズ使い、
20卵確認したら2週毎の採卵を中止(産卵セット時の平均温度22℃)。
ティッシュ上でほぼ全部無事に孵化。

新成虫の産毛の具合は一見の価値あり、です。
頭角の造詣の妙も す て き。
持って"重い"、と思えるのはこの属くらいでしょう。

至って温和な虫ですが、ネプよりも蛹化のスペースは必要
飼育容器狭いとマット上で蛹化して★になります。
雄と雌の性比は1:2くらいでした。

どなたか幼虫いりませんか?

IMG_1082.jpg


posted by おくへー at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイナステス以外のカブト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。